福島の富裕層向けおすすめお取り寄せギフトは桑折町の高品質な桃「献上桃の郷」

福島県の地方創生に役立つ富裕層向けお取り寄せギフトとして、桑折町(こおりまち)のブランド桃「献上桃の郷」をおすすめします。受賞歴として、ふるさと名品オブ・ザ・イヤーのIT×地方創生部門で金賞を受賞しているブランド桃です。

 

福島県といえば桃の産地として有名ですね。
福島県では多くの桃の品種が育てられていて、主力品種はあかつきです。
あかつきは他の県が小玉で商品化できないことを理由に生産を諦めるなか、福島県は研究を重ね果実の肥大化に成功、県のオリジナル品種として人気の桃となっています。
いまや福島県で生産される桃の半分はあかつきだとされています。

福島県のなかでも桑折町の桃は群を抜いた高品質で、平成6年から令和3年まで28年連続で皇室・宮家へ献上する産地に指定されています。

皇室・宮家へ献上される桃とは、一体どのような桃なのか想像がつきますか?

まずは数字で見ていきましょう。
桑折町で1年間に生産される桃の数はおよそ2000万玉です。
そのうち「あかつき」という桑折町代表の品種に限り、3回の選果をクリアした180玉のみが献上桃とされます。

次に甘さですが、光センサー選果機により糖度12度以上の桃が献上桃の条件となっています。他にも、大きさや着色の美しさから献上桃が選ばれます。

「献上桃の郷」は皇室・宮家に献上される桃と遜色のない美味しさの桃を商品化したものです。献上桃と同等の桃を全国の方に知ってもらおうと、商標登録申請をして平成28年にブランドとして認められました。
桑折町の桃の生産者がこだわりを持って育て上げ、見た目の美しさはもちろん、糖度12度以上の桃しか「献上桃の郷」として認められません。

また、皇室・宮家に献上される桃はあかつきという品種のみですが、「献上桃の郷」では季節により、あかつき、まどか、川中島白桃など異なる品種が楽しめます。
みずみずしくて濃密な甘さがある桑折町の「献上桃の郷」はお取り寄せギフトとして大変おすすめです。詳細はお問合せを。

お問い合わせはこちら

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。