business

退職祝いのお祝い品は退職の理由や時期に注意

退職祝いに自分の親や同僚など、お祝い品を渡すシーンが出てくるでしょう。
自分の親であれば、一緒にお食事というプレゼントでも喜ばれるかもしれません。
同僚や長年お世話になった上司にと考えるのであれば退職後の状態によって新生活に向けて贈るという事でも良いかもしれません。

もし、結婚や出産を機にめでたく退職するのであれば、新生活に向けたプレゼントを選ぶという事は良いでしょう。
出産祝いの場合にまだ出産を終えていないときは妊婦さんに向けたお祝いを考える方が良いでしょう。

その他に転職するという事で退職される場合にはその人の年齢にもよりますが、社会人として使えそうな文房具などはいくつ持っていても人気でしょう。

退職祝いで注意したい点にリストラや病気など、不幸での退職の場合には贈る時期を選びます。
退職して間もない頃に贈ると本人は希望しての退職でもないのに贈り物をされてもあまりいい顔はしないでしょう。
相手の様子が落ち着いた頃を見計ら会って贈る事がマナーです。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。